2012年4月3日火曜日

新歓記事2:夏ADIと銀杏杯と。

続けて、8月に行われた夏ADIと東京大学のUTDS主催の銀杏杯についてのレポートです!!
ADIはたかりんこと高林さん、銀杏杯はみほちゃんこと北野さんが書いてくれました^^
二人とも兼サーしていて忙しい中、ありがとうね!

それではお楽しみください^^

-------------------------


こんにちは。今年度国際渉外の高林優花です。

昨年8月、韓国で行われる10日間のディベートの研修会、夏ADIに行ってきました^^アジアの各国々から大勢が参加していました。一橋からは富樫さん、野末君、津川さん、高林の4人で行ってまいりました。
ホステルから大学までの電車での通学も楽しかったですね。観光も二日ほどですがソウル市内を歩き回りました。韓国語がわからず、現地の人に英語で話しかけたところ通じず、むしろ日本語のほうが通じました。そんな中一番意思疎通を図っていたのが指さし会話帳です…強い()


観光中

セミナー


研修会は初心者向けのα、中級者向けのβ、上級者向けのωとレベルに分かれていて、それぞれに応じた講義とワークショップが設けられています。同じレベル内でもワークショップのグループ分けが常にあります。私も午前は他のα全員とともに講義を受け、午後は他の一橋生と一緒になることもあまりなく、少人数で講師の指導の下ディベートの練習をしました。講師陣はアジアの各地から活躍華々しい有名ディベーターをそろえていてとても豪華です。

他大の方々と。
ほとんど一日中を英語で過ごしました。ADIを締めくくる講習会内の大会では全てのレベルの方と対戦するチャンスがあります。私は講習会内で知り合ったβの中国出身の女の子と組み挑みました。結果はあまりよろしくはありませんでしたが様々な人と知り合えて、ご飯に一緒に行き、ディベートをし、充実した日々でした。
ADIで知り合った方とのご飯。



海外の一流のディベーターによるレクチャーと国際大会を一度に体験できるのはこのADIだけです。新入生の皆さんも是非参加してみてはいかがでしょうか^^


-------------------------

みなさん、はじめまして!
国際部ディベートセクション2年企画係の北野美穂です^^


銀杏杯とは、1年生が初めて経験するブレイクラウンド(ラウンド=試合)ありの本格的な一年生大会!
「ブレイクラウンド」とは・・・
予選ラウンドの結果、上位チームのみが出場できるラウンド(トーナメント形式)です!
ブレイクラウンドでは、予選ラウンドとは少し違った緊張感・高揚感が味わえます^^

1年生にとって銀杏杯は夏の練習の成果を発揮する場でもあります。
ディベートを始めたころは、1分も英語をしゃべれなかった人もみな
銀杏杯が開催される8月には7分ちゃんと喋れるようになっていますから英語に苦手意識がある人も安心してくださいね!(嘘じゃないですよ!)

一橋の戦績は、、、
Joint1」がUT(東京大学)とのJoint(=他大とチームを組むこと)で
3位ブレイク(予選3位)からのGrand Finalist!!(準優勝)
左側がHit-U、右がUTの方です^^

Hit-UTouch-U」が
16位ブレイク(予選16位)からのOct-Finalist!
(一橋の大会戦績はHPでみることができます)

私は国内渉外の津川菜央(以下、なお)とHit-UTouch-Uというチーム名で大会に出場しました!
大会直前には、一緒にあまり練習できていなかった私たちのために
先輩が特別練習を開いてくださいました!(ありがとうございました♥なつかしい!)
その時は先輩チームに負けまくったんですけどね笑

はじめてのブレイクアナウンスメント(ブレイクチームの発表)に、どきどきわくわくしたのもいい思い出です。ラウンド中はパートナーのなおが私を引っ張ってくれました。はじめてのブレイクラウンドでは、たくさんのオーディエンスの前でスピーチし、かみまくり()、同じ一年生とは思えないくらいの相手の強さに圧倒され完敗しました。このとき感じた不甲斐なさは後々の私の練習のモチベーションにもなりました^^ディベートを通じて、自分をはるかに超える知識や能力をもった人にたくさん出会えました!これもディベートの魅力ですね!
ブレイクラウンドの対戦表

大会後には、レセプションというディベーターの交流会が開催されました!
レセプションでは、他大の1年生ディベーターや他大の先輩とも仲良くなれました♡
ほんとに自分の世界が広がりますよ!

最後に、銀杏杯では自分のチームネームを自由に決められるのですが、
パートナーのなおは、夏合宿中にチームネームを何日間も考え続けてくれました()
もの凄いこだわりようでした()
そのおかげで、
Hit-UTouch-UBest Team Name Prize
頂いちゃいました!
(その時のなおの喜びようといったらもう…()
選んでくださったみなさんありがとうございました!

team name prizeおめでとう^^


銀杏杯はディベートの楽しさ難しさ素晴らしさ色んなものを私に教えてくれました。
新入生のみなさんもHit-U Debate Sectionに入って銀杏杯に出てみませんか?!



0 件のコメント:

コメントを投稿