2013年7月11日木曜日

ふたご座かっぷ

暑いですね、もはや、熱いですね。
そういえば、最近、

「あつい~溶ける~」

と叫ぶ人を良く見ますが、実際に溶けている人は見たことありません。
溶けたらえらいことです。もうっ。

実はポロシャツ鋭意作成中、広報担当ほったです。
今年はTシャツじゃなくてポロシャツでいきます。
少々おまちを~



さてさて、今回は、

Gemini Cup 2013

の記事でございます!
Geminiはふたご座という意味だそうです。もしくは、ローマ神話でカストルとボルボックスの兄弟だそうです。へぇ~

Hit-Uからは、

Hit-U A(Rie Yamada, Misako Koizumi, Kengo, Matsunaga)Octo-Finalist!
Hit-U B(Keigo Suenaga, Wakano Takeuchi, Chihiro Sato), Hit-U C(Yoshiki Nakazawa, Shuhei Matsuya, Shin ETO)Quarter Finalists
となりました!!!
Congrats!!!

今回は、そのなかから、Shuhei Matsuyaくんに記事を書いてもらいました~

Internationalな雰囲気漂うShuhei Matsuya
 

 なんとブログDebutです!
ではでは、どぞ!


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




 こんにちは、松谷脩平です。こういうものを書くのがあまり得意ではないのですが、ちょいと書いてみたいと思います。今回僕は衞藤と中澤とジェミニカップに出場し、Quarterfinalまで進むことができました!一緒に組んでくれた、衞藤と中澤にはホントに感謝です。最初は正直なところ、キャラ的に大分違うこの三人でどうなるのかという不安もありましたが(笑)、逆に二人ともとても組みやすかったので本当によかったです。
 
 
 
 衞藤は、チームの勝ちオーラを醸し出してくれました。最後のウィップスピーチで相手を刺すようなスピーチを炸裂していました。プレパ中にうるさいときもありましたが(笑)、一緒に組んでいてとても楽でした。
 
 
 
                      勝ちオーラを漂わすShn Eto
 
中澤は、ファーストとして自分たちのモデルの枠組みをしっかり作ってくれました。その枠組みがしっかりしていたので、僕はデプュティーとして伸ばすところが明確だったので一緒に組みやすかったです。常に元気の良い中澤の性格にも元気づけられ、毎回毎回のラウンドが楽しかったです。
 
 
 二人ともまた一緒に組もうね!

Hit-U C
 
 
 
 最後は悔しかったですが、3人で組み始めたときを考えると、チームとしてとても成長したと思います。最終的には目標であったブレイクも果たせたし、楽しかったので結果としてとてもうれしかったです。練習していく度に着々と三人のチームワークが良くなっていたのが感じられ、自信を持って大会に挑むことができました。
 
 これからの課題は、当たり前のことなのですが、やはり細かい説明をきちんと明確にすることに限ると思いました。相手の話をきちんと聞き、自分たちの話をきちんと相手の話に沿って話すことが本当に大事だと思います。これからも一年生のエジュケに力を入れながら、自分のディベートも頑張っていきたいと思います!


                         みんなでパシャ!

0 件のコメント:

コメントを投稿