2013年10月25日金曜日

☆秋T☆ VIVA!! Champion!!

皆様いかがお過ごしでしょうか。

法学部2年深澤舞でございます。
台風の影響で心も乱れ、更新が遅れてしまいました。。。。
嘘です。
更新遅れてごめんなさい。



って、それより報告ですよね!!←

今回は
JPDU Autumn Tornament 2013 (秋T)
の報告です*



いきます。
Hit-U A(Noritaka Kon, Shin Eto) Champion!!!!!!!☆
Hit-U X(Max Crylov, Tomoya Yonaga) Quater Finalist!!
Hit-U F (Chihiro Sato, Rie Yamada)  Pre-Quater Finalist!!

Max Crylov         4th Best Speaker!!
Naohiro Togashi  Breaking Adjudicator!!


Congratulations!!!!!

二冠達成ですね!!!
発表直後の今さんとえとぅ
素敵な笑顔ですね♪




今回は今回今さんと共に見事Championに輝いた、衞藤新による文才溢れる感想文です!
いや、感想文と言っては彼の文章に失礼かも…?!
もはやスーパールーキーではない!!正真正銘のチャンピオンだ!!
そんな衞藤氏の文章を是非ご覧ください*




---------------------------------------------------------------------------------


こんにちは、2年の衞藤です。
THit-Uの前キャプテンの今紀貫さんと出場させて頂きました。最初誘われた時嬉しかったと同時に春T優勝した人と組むから負けたらやばいなー、足引っ張ったらやばいなーって思っていました。
で、まぁ最後の最後まで足を引っ張ってしかいないんですけどね……

結果は優勝ってことで、それを交えつつ大会全体を振り返りたいと思います!

思ったように練習時間が取れず、クロージングの時の苦手意識が拭えないまま大会に入りました。その状況下でいきなり1ラウンド目にCGで、大会を通して最もひどいスピーチをしてしまったのを今でも覚えています。結果は1位だったのですが、2位以下でも全くおかしくなく、不安のあるスタートとなりました。

続いて2ラウンド目、3点ラウンドということで自分たち以外のチームも強豪揃いです。ポジションはCOOOにはなんと優勝候補UTGがいて、タブ見た瞬間きつい戦いになるだろうなっていう印象でした。結果は3位で、2位とスライトだったのが惜しかったです。ただ、最初の2ラウンドで個人的に嫌なクロージングを使いきったことで、予選の後半に向けて少し心に余裕が出来ていました。

3ラウンド目はOOCGHit-U Cがいるという部内戦でした。モーションはIRに関連するもので、プレパ中頭が真っ白になっていました。が、リーダースピーチの準備の都合であたふたしている時間はなく、詰め込まれたマターを7分間自分なりに適当にリーズニングをつけてスピーチしてきました。結果は1位でしたが、こういうモーションでもうちょっと頭を働かせられるようにならないとなーっていう今後の課題がはっきりしたラウンドでした。この時点で7点、ブレイクするには最低8点必要とのことですので、まだまだ油断できません。
そんな感じで突入した4ラウンド目、なぜか周りに8点のチームいるし、PMスピーチをしたことしか覚えていません笑。
1日目は後輩達と横浜駅の近くでご飯を食べて、早々と家に帰りました。

そんなこんなで2日目になって、15位にチーム名が呼ばれた時はだいぶほっとしました。8位以内でブレイクしてPre-QFを回避するという当初の目標は果たせませんでしたが、まずは安心です。
予選と比べてオーディエンスがぐっと増えるブレイクラウンドのPre-QFではOGで辛くも2位通過、リーダースピーチだと今大会で最も不満足なスピーチをしてしまいました。QF, SFも周りには普段なら直接あたることなどまずないディベーターがいる中から共にきわどいエクステンションで2位で勝ち上がっていきました!で、迎えたGF。多分今までの人生でもっとも多くの人の前で話しました。が、不思議なことに余計な緊張はせず、スピーチすることができました。半年前の大会のブレイクラウンドでは緊張しっぱなしの自分からは少しは成長できたのかなと成長を実感できました。OGに負けたかなーっていう話を今さんとラウンド後にしていましたが、自分たちのチーム名が呼ばれた時は嬉しかったです!

ディベート中の今さん


という感じで、ブレイクラウンドで起きたことはだいぶ端折りましたがこんな感じの秋Tでした。Hit-Uの皆や他大で仲良くさせていただいている人達からの祝福の言葉はとても嬉しかったです。ただ、正直に言うとあまり実感がなく、優勝まで連れて行ってもらったという感じが個人的には強いので、もっと個人としての力を上げなければなって思います。


去年の秋T1日目シャドーとして参加して3点しか取れず、2日目は何言っているか全然分からないけど、GFで堂々とスピーチしている富樫さんと永盛かっこいいなーっていう感じでした。だから今年も多くの1年生がオーディエンスで来てくれて個人的にとても嬉しかったですし、大会が続く秋冬とディベートを頑張っていくモチベーションになれば良いなって思います!


最後に今回忙しい中ジャッジを引き受けてくださった部員と正規コミとして円滑な大会運営に尽力くださった4年の宏通さんありがとうございました!

ディベート中のえとぅ




---------------------------------------------------------------

ありがとうございました!!♪




0 件のコメント:

コメントを投稿