2014年9月2日火曜日

一年生の初舞台!

 こんにちは! 広報の荒井です!
 一瞬、夏の暑さも終わり、喜んでいたら、また猛暑でテンションが下がっています... 早く涼しくなってほしいですね!
さてさて、今回は銀杏杯ということで一年生初のbreak制のある大会です! 去年自分も銀杏杯に出たのですが、他大の強敵を初めて目の当たりにし、ボコボコにされたのを覚えています...
それでは結果発表!!!


Hit-UA(Hatakeyama Matsuo) Semi Finalist!!!!!!!


Hit-UD(Tanaka Noji) Oct Finalist!!!



Ryo Hoshino became 5th best adjudicator!


Hit-UA
 
Hit-UD


おめでとうございます!!!

去年は全員Octで散ってしまったので、Semiまで行ってくれて本当に嬉しいです!!

しかし、まだまだ一年生の大会はこれから紅葉、梅子ともっとたくさん大会があるのでここで結果が出なかった人や、銀杏に出れなかった人はもっともっとがんばってほしいですね!!

本番はこっからです!!!


といいつつ、Semi Fainalistはすごいので、今回は松尾さんに原稿をお願いしました!!

それでは松尾さんお願いします!


初めまして。今回銀杏杯の感想を書かせていただくことになりました1年の松尾萌花です。
私は今回畠山佳穂ちゃんとHit-U Aとして銀杏杯に参加させていただきました。実を言うと、諸事情から夏休みの練習にあまり参加できないことがわかっていたので、チームキャップがかかったと聞いた時には出ることができないだろうと半ば諦めていました。だから出られることが決まった時にはもちろん嬉しかったのですが、同時にすごく申し訳なく思い、プレッシャーのようなものも感じていました。なので結果的にブレイクできただけでなくSemi Finalistにまで進むことができたことに、本当に嬉しく光栄に思う反面とても驚いています。

今回の大会に出て私が一番よかったと思うのは、結果ももちろんですが、本当にたくさんのことを学べ、刺激を受けることができたということです。まず、練習の時から先輩方はすごく親身になってアドバイスをしてくださいました。レクチャーなどを通じて各モーションの考え方を教えてくれるだけでなく、わかりやすくジャッジに伝えるために意識すべき事とか、各スピーチの構成の取り方も細かく教えていただきました。また、大会当日も、一橋だけでなく他大の先輩からも、そのラウンドの反省点だけではなく、次に生かせるポイントや改善点を指摘していただきました。さらに、他大のチームと対戦できたことは、そのチームのいい点も悪い点も含めて貴重な経験になったと思います。上手なチームを見ていると、自分のスピーチにも取り入れることのできる点がたくさんあって、ああいうディベートを自分もできるようになりたいと思ったり、とにかくよい刺激になりました。
また、私は銀杏杯を通じて自分の成長が実感できました。まだまだ未熟者ではありますが、以前に比べてできるようになったこと、自信をもって言えるようになったことがいくつか見つかったので嬉しく思います。しかしもちろん同時に、自分の至らない点、改善すべき点がもっとたくさん見つかり、よりよいディベートをするためにこれからもますます頑張っていきたいなと思いました。

最後になりましたが、私が練習に出られない間のレクチャーのノートを送ってくれたり、たくさんのアドバイスをしてくれただけでなく、ラウンド中私のスピーチにあいた穴を毎回丁寧に埋めてくれた相方の佳穂ちゃん、並びに私の拙いスピーチにも的確で分かり易い指導をしてくださり大会中もずっと励まし続けてくださった先輩方には感謝してもしきれません。今回先輩や同期の皆の励ましや応援をたくさんもらって、私は改めてHit-Uのメンバーでよかったなと思いました。Semi Finalistという、予想以上の結果を残すことができたのは本当に皆さんのおかげだと思っています。ありがとうございました。


松尾さんありがとうございました!!

一年生にはもっともっと頑張ってほしいですね!!

余談ですが、ほっしーのジャッジプライズにもなかなか、驚きました笑
上級生もジャッジとしても頑張りましょう!

さて、次回はHit-U夏合宿の模様をBlogにあげようと思いますので乞うご期待!!
(ただいま、作成中)
 
                 集合写真をぱしゃり!!
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿