2018年9月18日火曜日

Post - 銀杏杯 High!

Hello! 秋の天気にまだ慣れていない、広報のジェイミーです。
今回は銀杏杯のご報告をします!

銀杏杯は

  1. 日本最大規模の一年生NA大会
  2. 毎年夏休みのはじめに東大の駒場キャンパスで行われています
  3. 大学ディベータとして、初めてのブレイク制学年大会


では、今回の結果を見ましょう!

Team Prize
Hit-U Turquoise (Aoyagi, Itano) -Semi finalist Hit-U Garnet (Sakura, Miyagawa) -Oct finalist Hit-U Lapis lazuli (Maeda, Itai) -Oct finalist Hit-U Ruby (Saku, Hana) -Double Oct finalist Hit-U Emerald (Suzune, Adachi) -Double Oct finalist

Speaker Prize
Eisuke Aoyagi-4th best speaker Sakura Yamada-8th best speaker

Breaking Adjudicators Akifumi Momose Akira Saro Jaime Han Kosuke Shoji Shoma Koike Shuhei Aoyama Yoshioki Jinzenji Yuka Shimmura

皆おめでとうございます!

今回は板野君にお願いしました!では、最後までどうぞ~
ーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは!一橋大学商学部1年の板野 慧(イタノ サトル)です。
今回、私は8月7日と8月8日に東京大学で行われた銀杏杯に同じく商学部1年の青柳 瑛佑(アオヤギ エイスケ)とHit-u turquoise(Hit-u A)として出場しました。そして、パートナーのおかげで4th breaking teamとSemi Finalistになることが出ました。ここでは、銀杏杯に至るまでの練習と当日の様子について話したいと思います。

青柳と銀杏杯で組むことが決まったのは7月中旬の頃でした。彼は高校でもディベートを部活でやってきていたので、ディベート初心者である私は安心しきっていました。しかし、現実というのは思い通りにはいかないもので、他チームや先輩にボコボコにされる練習が少なくありませんでした。この時はまだチームとしての完成度(プレパの時間の使い方が非効率だった、プレパの時の意見交換が上手くいっていなかった等々...)が高くなく、先輩方には時々プレパ練を見ていただいたものの、当日まで「銀杏杯で本当にブレイクできるのか」と不安でしょうがなかったです。

そして大会当日… ORの部屋の広さに驚いたり、「あの人高校の時、高校ディベートの日本代表だったんだよ」などの言葉に動揺しながらRound1に突入しました。

・Round1 Win (Gov)

Motion: THW ban negative campaigning in political elections.

振り分けられた部屋に移動する間に、何を話すべきかを決めて話す内容を大まかに決めるという手順が割とスムーズに進み、勝つことができました。私自身はあまりいいスピーチはできませんでしたが、青柳がうまく勝ち筋をまとめてくれました。そして、UTDS(東大のディベート団体)2年のジャッジの方からチームの完成度が高かったというフィードバックをいただき、「確かに自分のスピーチはうまくはないけど、自分の出来ることを精一杯やってちょっとでもいいからこのチームに貢献しよう」と思えるようになりました。

・Round2 Win (Opp)

Motion: THW force doctors to tell the true condition of illness directly to patients.問題の深刻さをもっと描写できればよかったですが、Sideに救われました。

・Round3 Win (Gov)

Motion: THW force religious schools to provide sex education (including contraception and existence of abortion)この時も青柳に救われました。

・Round4 Win (Gov)

Motion: THBT social media (i.e. Facebook, Twitter, etc.) should actively remove content that they deem to be fake news from their platforms.

Roundを3つこなした後の疲労感とRound4​は3連勝した相手同士で行われることからRound4は吹っ切れてスピーチをしようと思いながらスピーチをすることができました。Round4の結果はBreak night(予選後のディベーターの交流会)の最後の方にならないとわからないので、Break night中は不安を感じずにはいられませんでした。(吹っ切れてスピーチをしたのにもかかわらず、負けたとなると青柳に申し訳ないなと思っていたので)なので、4th Breaking teamだと知ったときはめちゃめちゃうれしくて驚きました。

 その翌日のBreak Roundでは意外なことにSemi Finalまで勝ち進むことができました。Semi Finalの相手はめちゃめちゃスピーチのテンポが速くてさばききれず、また自分たちの立論に穴が多かったので完敗しましたが、パートナーである青柳のおかげとはいえよくSemi Finalまで勝ち進むことができたなぁと振り返ると非常に思います。

 つたない文章で申し訳ないのですが最後に、物覚えの悪い私に根気よくアドバイスをしていただき大会当日に差し入れまで持ってきて励ましていただいた諸先輩方、同期のみんなと何といってもずっとフォローしてくれた青柳に感謝します。全然ディベートがうまくなったとは言えない私ですがこれからも練習を通して少しずつでも成長していきたいと思います!ありがとうございました! <Break round>・Double Oct Final Win (Opp)Motion: THBT CEOs of large corporations should be selected by employees rather than shareholders.

・Oct Final Win (Opp)Motion: THW nationalize pharmaceutical industry.

・Quarter Final Win (Opp)Motion: THW ban all non-essential forms of cosmetic surgery.

・Semi Final Lose (Gov)Motion: THW monitor sex offenders with GPS technology.


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ありがとうございました、それでは写真ギャラリーです。



Hit-U Emerald (Suzune and Shinsuke)


Hit-U Ruby (Hana and Saku)


Hit-U Lapis Lazuli (Tsubasa and Masato)


Hit-U Garnet (Yutaro and Sakula)


Hit-U Amethyst (Noriko and Yuri)


Hit-U Turquoise (Eisuke and Satoru)


Hit-U Diamond (Momoka and Keisuke)



ブレイクの嬉しさ!!!




ブレイクの嬉しさパート2


皆頑張ったので、私が賞状たくさんHit-Uの人に渡せましたww


ジャッジとして参加した先輩たち



先輩たちにとっても楽しかった



(はず)




(多分ね)



グループフォト!

Thanks for reading!!!!!!
(ありGateauxみたいなサインオンが欲しいなー)

0 件のコメント:

コメントを投稿