2018年12月6日木曜日

関西ヘ~~~~  紅葉杯!

こんにちは、最近電子マネーにはまっているジェイミーです。今回は紅葉のブログに担当します!お待たせしました!


紅葉杯について:
Who: 一年生
What: (今年から)BP style, BPの初まり
When: 紅葉の季節はずだった
Where: 関西 (今年:神戸アンド大阪)

How (did we do):

Hit-U A (Eisuke, Suzune)-Grand Finalist
Hit-U E (Tsubasa, Rise)-Quarter Finalist
Hit-U F (Keisuke, Eisei) -Quarter Finalist
Hit-U B (Naoya, Yotaro)-Pre-Quarter Finalist
Hit-U C (Momoka, Masato)-Pre-Quarter Finalist Eisuke Aoyagi- 4th Best Speaker

Jaime Han- 2nd Best Adjudicator
皆おめでとうございます!良い結果でした。
では、今回の感想文はやまぎしけいすけくんにお願いしました!楽しんでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 紅葉杯、僕は朔ちゃんと組んでQuarter Finalまで進むことができました!今回はそんな大会中の感想書いて行きたいと思います。

 僕は銀杏杯でブレイクできなくて悔しかったことや関西への交通費が高かったこともあり、紅葉杯では死んでもブレイクしたいと思ってて、そのためにできる練習はしてきたつもりでした。そういった事情から僕は特に1日目、緊張して4ラウンド目が終わるまで食事もろくに喉を通らず健康に悪い一日だったと記憶しております。

 1日目、 1から3ラウンドを2位→4位→1位と抜けた僕たちHit-u Fですが、この時点でブレイクに必要な点数はあと2点。つまり最後の4ラウンド目でアッパー (1位か2位)だったらブレイクできるということでした。そして4ラウンド目、僕らはCOでOOが上手かったのであわあわしましたが、終わった後手応えはあったのでブレイクナイトへ向かうまでの道は緊張しながらもわりとテンション高かった覚えがあります。「『ジェイミーさん』を京都弁っぽく言うと???」とか、自分で言うのもなんですがなんか面白いことばっか言ってた気がしますw

 ブレイクナイト、料理が少ないと文句を言う朔とは裏腹に僕はブレイク発表への緊張でご飯が喉を通りませんでした…

 そしていよいよブレイクの発表、偶然周りには4ラウンド目で当たったチームの方々がいて、理論上この人達のうち2チームが喜んだら僕らはブレイクできないことになります。ひっちゅーの身内が次々ブレイクしていく中、僕らHit-u Fはなかなか呼ばれません。それどころかラウンド4であたった僕ら以外のチームが2チーム呼ばれ僕らがアッパーでないことが確定したのでブレイク落ちがほぼ確したことに絶望的でした。

 しかし頭が真っ白になりながら最後の24th breaking team のコールを聞いていると、みなれた一橋の校章が映り僕らHit-u Fが呼ばれました。僕らはギリギリ6点で唯一breakしてたのです!

安心して急にお腹が空いたのですがもう料理は残ってなかったです、、、
 2日目、「ここまできたら優勝しかなくね?w」、と朔と話してたのですが、俺らHit-uFはひっちゅー最強ペアであるHit-u A(青柳まん岡田まんチーム)と同じラウンドで戦わないといけませんでした。

 「刑罰において社会的制裁を情状酌量に、懲役期間を減らすべき」みたいなモーションで法学部の俺ホイホイでした。というわけでもなく、deterrenceの観点でもrehabilitationの観点でも俺のスピーチの時点では相手ベンチを抜けてませんでした。それでも朔がなんかいいことを言ってなんとかラウンドを終え結果発表。なんとクロスにいた俺らhit-u Fと青柳まん岡田まんチームがともにアッパーで勝ち残っていました!この勝ち残りの瞬間はとても気持ちがよく、ディベートやっててよかったとなりました。

 その後のラウンドは惜しくも敗退したので悔しすぎて忘れました、総括すると全てのラウンドで自分なりに満足のいくスピーチができたと思います。

  今回朔ちゃんとペアが組めて本当に良かったと思ってます。朔は積極的で英語も上手く僕は若干コバンザメ感でしたが、普段から仲良くしてる分お互いわりとなんでも言えたのでやりやすかったです。特に朔の「山岸スピーチ中もっとイキった方がいいよ、普段からイキりキャラなんだし(笑)」というアドバイスのおかげですごく自信ありげにスピーチできるようになりました!

最後に、何度も何度も練習を見ていただいたり、ジャッジとしてきてくださった先輩方や2日目に応援や花を買ってきてくださった方々なくして紅葉杯は成り立ちませんでした。本当にありがとうございました。

 ひっちゅーみんなで関西に行くことで青柳とか岡田まんのお茶目な一面も垣間見れて楽しかったです。これからもひっちゅーでディベート頑張ろうと思いました。
以上。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後まで読んだありがとう!なうー写真!

Hit-U A (Suzune, Aoyagi)

Hit-U B (Stephan, Yotaro)

Hit-U C (Momoka, Masato)

Hit-U E (Rise, Tsubasa)

広報の仕事しなかったごめんなさい ううううう
error 404 not found
Hit-U D (Hana, Itano)
Joint (Erika Joint)

Hit-U F (Keisuke, Eisei)

Advanceの嬉しさ

ちなみに、紅葉は今年のHit-Uパーカーdebutだった!
皆着てくれて嬉しいです!
(by パーカー作った人)

他大と交流した!コミ症の壁を越える!!!!


Grand Finalist たち (also 他大との交流)


神戸から大阪への移動

 BPシーザン一瞬で終わりましたね!皆風邪ひかないように、アジアンシーザンを楽しみにしてください~ バイバイ!


0 件のコメント:

コメントを投稿